R+houseが選ばれる3つの特徴 | AFEECT 福岡県久留米市

R+houseとは

「一流の建築家が設計するデザイン性の高い家」
「高気密・高断熱・高耐震の高耐久の家」

誰もがいつかは住んでみたいと思う理想の住宅。これを手の届く価格で提供できないか。お客様の想いをカタチにする注文住宅でありながら、様々な工夫でコストを抑える。そんな発想にに基づいて生まれたのがR+houseです。

ライフスタイルや価値観を表現するデザイナーズ住宅

住まいは家族が幸せな時を過ごすために、なくてはならない大切な入れ物。
皆さまは、どのような住まいが大切な家族との時間を育んでくれると想像しますか?
豊かな空間・・・それはどんな空間でしょうか?
家族の好みやライフスタイルを表現した空間。生活動線や目線を意識した、使い勝手の良い空間。心地よい広がりのある空間など。
更にR+houseの頼れる建築家はライフスタイルの変化にも柔軟に対応できるような工夫をプラス。家族でずっと仲良く暮らしたい。そんな想いを叶えます。

家族の思い出を刻む高性能住宅
デザインが自分好みでも、夏は暑く冬は寒い住宅だとしたら・・・?
家族の思い出を刻む住まいだからこそ、快適に健康に、長く暮らせる住まいにしたい。
そんな思いを叶えます。
R+houseが提供する"快適な住まい"

"快適な住まい”とは部屋の中が適温に保たれている家のこと。暑い夏でも室温が上がりすぎず、寒い冬でも足元が冷たくならない。正しく断熱して、気密性能を高め、計画換気を行えば、”快適な住まい”は実現できます。
「R+house」には、そのための工夫がたくさん詰まっています。そして”快適な住まい”は同時に光熱費も少なくて済むという、嬉しいおまけ付き。
また、暮らす人の健康もサポート。住むほどに嬉しいことが増え続ける住宅なのです。

快適で高耐久な住宅を実現するためにはこの3点セットが不可欠。住宅の温熱環境と空気環境を長きにわたって守ります。

R+houseの気密性・断熱性は?

住宅の気密性能は、床面積1㎡あたりに隙間面積で示され、数値が小さいほど気密性が高いことを指しています。日本の一般レベルは5.0(c㎡/㎡)です。また、暮らす人の健康もサポート。住むほどに嬉しいことが増え続ける住宅なのです。

Q値・UA値は、住宅の断熱性能を表す指標で、小さいほど優れています。次世代省エネ基準をクリアする一般基準は地域によりますが、一般的なⅢ地域・Ⅳ地域(東北の一部~九州の一部まで)では下記のとおりです。

衣食住を楽しみ家族の絆を確認できる住宅
住まいは家族とともに過ごす安らぎの場であると同時に、それまで心に描いていた生活を叶える自己実現の場。
夢や理想がふくらみすぎて、予算オーバーになることだけは避けたい。 住まいだけでなく、旅行やショッピングなども家族と楽しみながら・・・ そんな想いを叶えます。
ちょっとした工夫でコスト・バリュー住宅

注文住宅のコストを上げているのは、高い部材価格やムダ使い、購入の手間、余分な職人さんの手間、長引く工期などです。 「R+house」では、そのようなムダを極力少なくするために幾つかの工夫を行っています。

部材流通ルートの見直し 部材流通ルートをメーカー直送にしました。工場の生産効率があがるようなルールでWebシステムにて発注しています。これにより部材価格の低減が可能になりました。
設計ルールの取り決め コストが掛かる設計とコストを抑える設計があります。注文住宅の設計は、コストを意識しながら設計専門家と一緒に住まいをデザインすることが大切。合理的な設計ルールを熟知している建築家がクオリティー高い住まい作りをサポートします。
1/2レベルの工期短縮 工期が長いとその分の工事経費がかかってしまいます。工期を短縮するには、工事事務の手間や職人の手間を極力抑えるような上手な設計と職人手配が重要になります。そのためのルールを設定しています。
営業経費の大幅削減 宣伝広告費や事務経費など建物に関係ない費用を極力おさえています。とりあえずの敷地調査やとりあえずのプラン設定にもコストはかかります。それらの「とりあえず」にかかるコストをなくすことにより、負担が少なくすみます。